文化事業 主催イベント バックナンバー 2012

1月21日(土) 笑福亭鶴瓶 独演会

午後4時開演(3時30分開場) 枚方市市民会館大ホール 全席指定
入場料 S席3,500円(当日4,000円)  A席2,500円(当日3,000円) 

 

 

 

 

 

主催:㈶枚方市文化国際財団

協力:なぎさの会

 

 

 

 

2月12日(日) ひらかた 春を呼ぶコンサート

午後3時開演(2時30分開場) 枚方市市民会館大ホール 全席指定
入場料 S席4,500円(当日5,000円)  A席3,500円(当日4,000円) 

 

(出演)

指揮:湯浅卓雄

管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団

合唱:大阪シンフォニック クヮイア

 

 

 

主催:㈶枚方市文化国際財団

 

 

 

 

2月3日(金)~15日(水) 枚方・むかし・写真

シリーズⅠ  東洋一のマンモス団地の歴史

 

会場:くずはアートギャラリー

   (京阪電車樟葉駅前 くずはモール3階) 

午前10時~午後6時 (水曜日は午後5時まで)

2月9日(木)は休館日

入場無料

 

 枚方市は昭和22年(1974年)に市制が施行されました。

   当時は人口4万人ほどの田園都市でしたが、64年を経て現在、人口が40万人を超える、京阪沿線有数の都市へと発展してまいりました。

   この間の地域の人々の生活や風習などについて、貴重な写真や資料を使って、シリーズで時代とともに移り変わるまちの姿をご覧いただきます。

 

  今回は、第1回目として、東洋一のマンモス団地として当時評判となり、また日本住宅公団(現在:都市再生機構)の郊外型団地モデルとして全国から見学者が殺到したという、香里団地にスポットをあてます。

   この機会に、ふだん何気なく通り過ぎてしまう、我がまち”ひらかた”の移りゆく姿をごゆっくりご鑑賞頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

2月15日(水) ~地域コンサートシリーズⅡ~ふれあいコンサート

~赤ちゃんから大人までご一緒に~

 午前11時開演(10時45分開場) 菅原生涯学習市民センター2階ホール

入場料 大人1,000円

小学生以下500円(3歳以下無料、ただし座席が必要な場合は有料)

 

出演: 三島康子(ソプラノ) 神野朋子(フルート)

    池田理紗(パーカッション) 奥田季子(ノンペダルハープ)

    石田瑞枝(ピアノ) 松永麻衣子(ピアノ)

 

 

主催:枚方市/㈶枚方市文化国際財団

 

 

2月19日(日) 第18回ひらかた吹奏楽フェスティバル

今年も枚方吹奏楽協会加盟の学生・社会人の吹奏楽団体が日頃の練習の成果を披露します。

 

 12時30分開演(12時開場) 枚方市市民会館大ホール

 全席自由  入場無料

 

 

 

プログラム⇒    出演団体プロフィール⇒ 

    

 

主催:枚方吹奏楽協会/㈶枚方市文化国際財団

 

 

 

 

2月25日(土) 23rd ひらかた人形劇フェスティバル プレフェスティバル 

人形劇団京芸 「潜水海賊キャプテン・グック」 

 ひょんなことから潜水海賊キャプテン・グック一味の巨大な潜水艦に出会った小学5年生の杏子。果たして海賊たちの真実の顔は!?

 

 午後 2時開演(1時30分開場)    枚方市市民会館大ホール

 入場料   1,300円(当日1,500円)  当日座席指定

※3歳以上有料(3歳未満でも座席が必要な場合はチケットが必要です。)  

※当日午後1時30分より席を指定します。

 

 

 

 

 

 

 

2月26日(日) 第7回早春コンサート   ~枚方市退職教職員会設立20周年記念~

枚方市立の小中学校を巣立ち、演奏家の道を歩んでいる教え子達を市民の皆様に紹介するコンサートです。今後の活動に激励とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 午後 2時開演(1時30分開場)       メセナひらかた多目的ホール        

 入場料1,000円  全席自由

 

(出演)佐川智美(ピアノ):中宮小/中宮中/大阪教育大(在)

     石田瑞枝(ピアノ):菅原東小/杉中/大阪教育大・院

     木南有貴(フルート):樟葉小/楠葉中/大阪音楽大

     水上陽一(リコーダー):田口山小/長尾中/大阪音楽大

     寺嶋千紘(ピアノ):交北小/山田中/京都市立芸術大・院

     近藤浩志(チェロ):五常小/四中/東京芸術大・エコールノルマル

     谷垣睦美(ピアノ):樟葉北小/楠葉中/大阪音楽大・相愛大

(賛助出演)小尾沙織(ピアノ):大阪音楽大

 

主催:枚方市退職教職員会/㈶枚方市文化国際財団

後援:枚方市退職女性教職員会しおん会

 

 

 

3月3日(土)MUSIC BATTLE Vol.6 決勝ライブ

枚方近隣のミュージシャンを応援するコンテストの決勝ライブを開催します。

予選を勝ち抜いた7組が本格ステージで演奏を披露します。グランプリは誰の手に!?

 

午後2時開演(1時30分開場)       メセナひらかた多目的ホール

入場料1,200円(当日1,500円) 

※友の会・60歳以上・障害者等の割引はありません。

チケット販売場所

 市民ふれあいセンター大東楽器・ライブスペースARPEGGIO

 P×9cafeAs is musicハロースポーツテニススクエア

 

オープニング・アクト  ドンコル(MusicBattleVol.5グランプリ)

スペシャルゲスト    上田和寛

 

(出演)

★オリジナル部門  予選通過者

  ブルースカイパラダイス・弁財天SUNA

  たかだいすけ&SOUND OF SCRUM・twins2・Lysa

  刹那しらず・CHECK Doll

★コピー部門    優秀賞受賞者

  一般の部  :サークル”dream”・rough skectch

  高校生の部:Criowne・The color of wings・J Soul Girls

 

 

主催:株式会社エフエムひらかた/㈶枚方市文化国際財団

 

審査結果はこちら ⇒ MUSIC BATTLE Vol.6 決勝審査結果

 

 

 

3月25日(日)ひらかた音楽ボランティア紹介コンサート

 この1年間に新たに登録されたグループを中心に音楽ボランティアが多数出演します。

 

午後2時開演(1時30分開場)    枚方市市民会館大ホール

全席自由  入場無料

 

(出演予定)

 モーハラ・マリエ(フラダンス)

 HIRAKATAの爺(キーボード弾き語り)

 M&M(ピアノ連弾)

 律楸会(大正琴)

 森川かずお(クラシックギター)

 プアプア(フラダンス)

 

 

 

4月26日(木) 谷村新司 トーク&ライブキャラバン 「ココロの学校~音で始まり、歌で始まる~」

 日本を代表するシンガーソングライター 谷村新司さんが全国で開いているトーク&ライブキャラバン「ココロの学校」が枚方市市民会館大ホールで開校します。テーマは「音で始まり、歌で始まる」。理屈ではなくて音を感じるライブと、なるほど納得というココロのトークで、客席と感動を分かち合います。

 

午後7時開演    枚方市民会館大ホール  全席指定

入場料   一般 5,500円   友の会  4,950円

 ※前売券完売の場合は当日券の販売はありません。

 ※特別料金のため60歳以上・障害者・介護者の割引はありません。

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

 

5月18日(金) 昭和名作シネマ劇場

日本を代表する2大スターの名作が蘇る!

 

高倉健/「幸福の黄色いハンカチ」(1977年松竹)

 監督/脚本:山田洋次 原作:ピート・ハミル

 出演:高倉健、倍賞知恵子、武田鉄矢、桃井かおり ほか

 

吉永小百合/「愛と死を見つめて」(1964年日活)

 監督:斎藤武市 脚本:八木保太郎  原作:大島みち子/河野実

 出演:浜田光夫、吉永小百合、笠智衆、原恵子、宇野重吉 ほか

 

 

 ①幸福の黄色いハンカチ

②愛と死をみつめて  

③ 幸福の黄色いハンカチ

上映時間

10:30~12:18

上映時間

 13:30~15:28

上映時間

16:30~18:18

  枚方市市民会館大ホール     全席自由(各回入替制) 

 入場料 一 般 1,000円(当日1,200円)

      割 引  800円(当日900円)

      一日券 1,300円(前売りのみ)

 ※割引は友の会・学生・60歳以上の方・障害者とその介護者(要証明)

 

 

 

5月24日(木) 映画「一枚のハガキ」上映会      

 

【物語】

 太平洋戦争末期。中年兵として招集された啓太(豊川悦司)ほか仲間99人の運命は、上官によるくじ引きで決定した。仲間の定造(六平直政)はフィリピンに送られることになり、戦死を覚悟した彼は啓太に妻の友子(大竹しのぶ)が書いた一枚のハガキを託す。もし、彼が生き延びることができたら、妻にハガキは読んだと伝えてくれと頼まれ…。

 

【解説】

 日本映画界の至宝、新藤兼人が99年の人生をかけた最後の最高傑作。戦争末期に徴集された兵士100人のうち、94人が戦死し6人が生きて帰ってきた。その生死を分けたのは、上官が彼らの任務先を決めるためにひいた「クジ」だった…。

 自身が生き残った兵士6人のうちの1人である新藤監督の実体験を元に作られた本作。人の命が「クジ」に左右され、兵士の死は残された家族のその後の人生をも破滅に導く。そんな戦争の愚かさを、新藤兼人は体験者ならではの目線で、時に激しく、時に笑い飛ばすように描かれた感動作です。

 

監督・脚本・原作: 新藤兼人

出演: 豊川悦司 大竹しのぶ

    六平直政 柄本明 倍賞美津子 大杉漣 津川雅彦

    川上麻衣子 絵沢萌子 大地泰仁 渡辺大 麿赤兒

 

  ⇒映画公式サイト

 

 ① 午前10時30分 ②午後2時30分  

 枚方市市民会館大ホール     全席自由(各回入替制)

 入場料 一 般 1,000円(当日1,200円)

      割 引  800円(当日900円)

 ※割引は友の会・学生・60歳以上の方・障害者とその介護者(要証明)

 ※今回から3回目(夜の部)はありません。ご了承ください。

 

 

 

6月16日(土) 桂こごろう改メ 二代目 桂 南天 襲名披露公演メ 

 

 枚方出身の落語家 桂こごろうが、地元枚方で二代目桂南天襲名披露公演を行います。

 

午後2時開演(1時30分開場)  枚方市市民会館大ホール 全席指定

入場料 S席(1階)4,000円(当日4,500円) A席(2階)3,000円(当日3,500円)

 ※前売券完売の場合は当日券の販売はありません。

 ※友の会会員、60歳以上・障害者・介護者は1割引(要証明書)。

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

(出演)

 桂 南天   桂 ざこば 桂 塩鯛 

 桂 米團治   桂 紅雀   桂 ひろば

 桂 南光

 

 

主催:㈱米朝事務所/(公財)枚方市文化国際財団

 

 

7月6日(金) ニューヨーク・フィル・ブラス・クインテット

 

 名門ニューヨーク・フィルの怪物たちが再来日!

 世界最高のブラス・セクションが放つ、輝けるスーパー摩天楼の息吹!

 

 午後7時開演(6時30分開場) 枚方市市民会館大ホール 全席指定

入場料 一般3,000円(当日3,500円) 学生1,500円(当日2,000円)

 

 ※前売券完売の場合は当日券の販売はありません。

 ※友の会会員は一般2,700円(当日3,200円)で販売いたします。

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

(出演)

  フィリップ・スミス(トランペット)

  イーサン・ベンスドーフ(トランペット)

  ジョゼフ・アレッシ(トロンボーン)

  フィリップ・マイヤーズ(ホルン)

  アラン・ベイヤー(テューバ)

 

(プログラム)

  エントリー・ピース/N.フェッロ

  トッカータ、アダージョとフーガハ長調BWV564/J.S.バッハ

  ハンガリー舞曲第5番/J.ブラームス(編曲:R.エルカー)

  ソナチネ/E.ボザ

  「ルスランとリュドミラ」序曲/M.グリンカ(編曲:S,サザーランド)

  サンタバーバラ・ソナタ/B.トーヴィ

  スイングしなけりゃ意味ないね/D.エリントン(編曲:D.コスミナ)

  エイプリル・シャワー/L.シルバース(編曲:R.エルカー)

  ニューヨーク・ニューヨーク/J.カンダー(編曲:R.エルカー)

 

主催:(公財)枚方市文化国際財団

後援:関西吹奏楽連盟・大阪府吹奏楽連盟・関西トランペット協会・関西トロンボーン協会

 

 

7月14日(土)・15日(日) しまじろうコンサート2012 おとぎのくにのだいぼうけん

しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきいがやって来たのは、美しくて楽しいおとぎの国。素敵なメアリー姫やお友達のトントン、そしてお城のゆかいな仲間たちとの出会い・・・しまじろうと会場のこどもたちとの新たな冒険がはじまります!

 

14日(土) ①10時30分 ②13時10分 ③15時50分

15日(日) ①10時 ②12時40分 ③15時20分〈追加公演〉

 

公演時間 約75分(1部30分/休憩15分/2部30分)

 

枚方市市民会館大ホール 全席指定

 

入場料 一般1,900円

     ※2歳以下のお子様で座席不要の場合は無料。

 

(出演)

 しまじろう・みみりん・とりっぴい・にゃっきい・

 歌のお姉さん・ メアリー姫・侍女のジュリエッタ・

 召使い(ダンサー)・メアリー姫のお友達トントン

 

 

主催:(株)ベネッセコーポレーション/(公財)枚方市文化国際財団

 

 

7月25日(水) 映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

 

【物語】

 鉄道にまつわる人々に光を当てた「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に続くシリーズ第2弾。富山県富山地方鉄道の運転士と妻のドラマを描く。監督は、前作でチーフ助監督を務め、本作が監督デビューとなる蔵方政俊。出演は、「死にゆく妻との旅路」の三浦友和、「食堂かたつむり」の余貴美子。

 

【解説】

 滝島徹(三浦友和)は鉄道運転士として仕事一筋の日々を過ごし、59歳になった。55歳になった妻・佐和子(余貴美子)は、専業主婦として徹を支えてきた。徹が1ヶ月後に定年退職を控え、夫婦で第2の人生をスタートさせようとしていたある日、佐和子が結婚するときに辞めた看護師の仕事を再開すると宣言する。しかし徹は佐和子の申し出を理解せず、2人は口論となる。思わず家を飛び出した佐和子と徹の溝は深まる一方で、ついに佐和子は離婚届を徹に手渡す。これからの人生は妻のためにと思っていた徹に対し、自分の人生を生きたいと願った佐和子。佐和子には徹の知らないある理由があった。そばにいるのが当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉にできない2人に、ひとり娘とその夫、徹の同僚や部下、佐和子が担当する患者一家の人生が交錯していく。こうして徹と佐和子は、思ってもみなかった第2の人生の出発点にたどりつく。

 

監督:蔵方政俊

出演:三浦友和 余貴美子

    小池栄子 中尾明慶 吉行和子 塚本高史 岩松了           

    徳井優 中川家礼二 仁科亜季子 清水ミチコ ほか

 

  ⇒映画公式サイト

 

 

 ①午前10時30分 ②午後2時30分

  枚方市市民会館大ホール   全席自由(各回入替制)

  入場料 一般1,000円(当日1,200円)

       割引 800円(当日900円)

 ※割引は友の会・学生・60歳以上の方・障害者とその介護者(要証明)

 

 

7月27日(金) 大阪交響楽団 無料公開リハーサル

 

 7月28日(土)にザ・シンフォニーホールで開催される大阪交響楽団「第73回名曲コンサート」に向けたリハーサルの一部を無料で公開します。プロの音楽作りを間近に見ることができます。

指揮者キンボー・イシイ=エトウさんによるトークコーナーも!

 

 

 午後2時30分~

枚方市市民会館大ホール 全席自由

【プログラム】

 ショスタコーヴィチ/祝典序曲 作品96

 プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番ハ長調 作品26

 チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」ロ短調 作品74

 

【出演】

 指揮/キンボー・イシイ=エトウ

 ピアノ/北村朋幹

 管弦楽/大阪交響楽団

 

【入場料】

 無料

 (要整理券)

指揮/キンボー・イシイ=エトウ

 

ピアノ/北村 朋幹

 

 管弦楽/大阪交響楽団

 

7月27日(金)~8月8日(水) くずはアートギャラリー 夏休み特別企画「パンダのいるギャラリー」展

 

 「パンダと過ごす日常」をテーマに大阪を中心に活躍中の新進作家、大西亜由美さんの作品展示会です。相棒のパンダをお供に様々なシチュエーションで写真を撮影する作品は見れば思わずクスッと笑ってしまうものばかり・・・。

 

7月27日(金)~8月8日(水) 

※8月2日(木)は休館

午前10時~午後6時(水曜日は、午後5時まで)

 

くずはアートギャラリー

【アクセス】京阪電鉄「樟葉駅」下車 徒歩1分

〒573-1121 枚方市楠葉花園町15-1-301

くずはモール本館3階

【TEL/FAX】072-866-3490

 

 

■ギャラリーコンサート

7月28日(土)、29日(日)

8月4日(土)、5日(日)
【開演】 ①午前11時 ②午後1時

(各日2回公演・入替制・各回定員40名)

【料金】300円

  ※3歳未満のお子さまのひざ上での鑑賞は無料。

 

■7月28日(土) 
【出演】堀口友子(ヴァイオリン) 大迫朋子(ピアノ) 
【曲目予定】チャルダッシュ、エリーゼのために ほか

■7月29日(日)・8月5日(日)
【出演】三島康子(ソプラノ)、大迫朋子(ピアノ)
【曲目予定】サウンド・オブ・ミュージック、エーデルワイス、ドレミの歌、私のお気に入り ほか

■8月4日(土)
【出演】神野朋子(フルート)、佐野真弓(ピアノ・アコーディオン) 
【曲目予定】星に願いを、「魔女の宅急便」より めぐる季節 ほか

 

 

■ワークショップ

【受講料】500円/回(材料費込み)

  ※小学生以上対象(低学年は保護者同伴) 

 

アート書道&スクラップブッキング

7月27日(金)、31日(火)

午前11時~午後2時

【講師】徳安 晨扇

※予約優先、当日申込は各日20名。

 

トンボ玉のストラップ作り

8月1日(水)、7日(火)、8日(水)

午前11時~午後4時

【講師】三隅 勇児

 

写真の楽しい撮り方教室

8月1日(水)

午前11時~午後3時

【講師】上垣 実穂

 

 

 

 

 

 

 

9月4日(火)~5日(水) 平成24年度 優秀映画鑑賞推進事業 なつかしの名画鑑賞会「名誉市民・森繁久彌と昭和喜劇特集」 

 

古き良き昭和の笑いを
スクリーンで・・・

 

9月4日(火)  午前10時30分

「駅前旅館」

[1958年 東京映画 カラー シネマスコープ 109分] 

【監督】豊田四郎 【脚本】八住利雄
【出演】森繁久彌、フランキー堺、伴淳三郎 他
【物語】東京上野駅前の旅館街を舞台にした風俗劇で、正義感に燃えて駅前の浄化運動に取り組む旅館の番頭に森繁久彌、ライバル旅館の番頭に伴淳三郎、近所の小料理屋の女主人には淡島千景という芸達者を配し、文学的な味わいよりはむしろ個性の強い俳優たちの存在感を前面に出している。

 

 

9月4日(火)  午後1時30分

「本日休診」

[1952年 松竹(大船) 白黒 スタンダード 96分]

【監督】渋谷 実 【脚色】斎籐良輔   
【出演】柳永二郎、鶴田浩二、淡島千景 他
【物語】ある町の老医師・三雲八春は、院長を甥の伍助に譲って一年目。今日は本日休診の札を掲げて、院長を始め看護婦たちを慰安旅行に出してやった。そんな居残りの彼のもとに、次から次へと突飛な事件が舞い込んでくる。
監督の渋谷実は、社会派ドラマでも知られる。ドライな感覚に鋭い風刺を盛り込んだ作風は、この群像喜劇にも存分に活かされている。

 

9月5日(水)  午前10時30分

「喜劇・女は男のふるさとヨ」

[1971年 松竹 カラー シネマスコープ 90分]

【監督】森崎 東  【脚本】山田洋次・森崎 東    
【出演】森繁久彌、中村メイコ、倍賞美津子 他
【物語】ふとしたトラブルから旅回りを決意したダンサーと、彼女を真面目に慕うひとりのファンが、改造した自動車で日本列島を南へと向かう。森崎監督は先輩・山田洋次とともに執筆。逆境にめげない逞しい女性像と不器用な生き方しかできない男性たちを対比させながら、新しい「家族」の形を示すことで松竹ホームドラマの伝統を引き継いでいる。
 

 

9月5日(水)  午後1時30分

「ニッポン無責任時代」

[1962年 東宝  カラー シネマスコープ 86分]

【監督】古澤憲吾  【脚本】田波靖男・松木ひろし     
【出演】植木 等、ハナ 肇、田崎 潤 他
【物語】周囲が唖然としているうちにスイスイと出世街道を登ってゆくお調子者の男を通して、いわゆる高度経済成長の時代を笑い飛ばそうとする風刺的な喜劇。
その風刺性は、「努力」や「忍耐」といった美徳をまるで重んじない主人公の人生観ばかりでなく、平均(たいらひとし)なるその役名にも表われているだろう。

 

 枚方市市民会館大ホール【全席自由】

 入場料 一作品 500円(当日共)

       一日券 700円(前売のみ)

 

■主催 公益財団法人枚方市文化国際財団
    文化庁/東京国立近代美術館フィルムセンター

 

■協力 株式会社オーエムシー

 

9月14日(金) 沢田研二 LIVE2012 「3月8日の雲~カガヤケイノチ」

 東日本大震災をテーマに自身が手掛けたニューアルバム「3月8日の雲~カガヤケイノチ」を3月11日に発表した沢田研二が、アルバムを中心におなじみのヒットナンバーを「鉄人バンド」の演奏でお届けします。

 

 

午後6時30分開演(午後6時開場)

枚方市市民会館大ホール【全席指定】

入場料 7,000円(前売・当日共、税込)

 ※財団友の会会員は、6,500円で販売いたします。

 ※前売券完売の場合は当日券の販売はありません。

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

主催:(公財)枚方市文化国際財団

 

 

 

9月27日(木) 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

 

【物語】

 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は、保守的かつ強硬な政治方針から“鉄の女”と呼ばれたイギリス史上初の女性首相(在任1979~1990年)、マーガレット・サッチャーの半生を描く。この作品は、単なる偉人伝ではなく、妻として、母として、国のリーダーとして力の限り戦い続けた一人の女性の感動の物語である。

 

【解説】

 雑貨商の家に生まれたマーガレット(メリル・ストリープ)は市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)がプロポーズする。「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。双子にも恵まれ、幸せな家族を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。失墜した英国を再建する。それは気の遠くなるような闘いだったが、彼女はその困難に立ち向かう。愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、マーガレットは深い孤独を抱えたままたった一人で闘い続けた……。現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女は「あなたは幸せだった?」とつぶやくのだった……。

 

監督:フィリダ・ロイド 脚本:アビ・モーガン

出演: メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント

    アンソニー・スチュワート・ヘッド、リチャード・E・グラント ほか

 

  ⇒映画公式サイト

 

 ① 午前10時30分 ②午後2時30分 

 (各回入替制) 

 枚方市市民会館大ホール【全席自由】

 入場料 一 般 1,000円(当日1,200円)

      割 引  800円(当日900円)

 ※割引は友の会・学生・60歳以上の方・障害者とその介護者(要証明)

 ※3回目(夜の部)はありません。ご了承ください。

 

 

 

10月9日(火) ユネスコ無形文化遺産 人形浄瑠璃 文楽

 

大阪で生まれた伝統芸能「人形浄瑠璃 文楽」。18年ぶりの枚方公演開催!

 

【昼の部】午後1時30分

  桂川連理柵~六角堂の段/帯屋の段/道行朧の桂川~

 

【夜の部】午後6時

  二人禿

  義経千本桜~すしやの段~

 

枚方市市民会館大ホール【全席指定】

一般 3,000円(当日 3,500円) 

学生 1,500円(当日 2,000円)  

通し券 5,000円(前売のみ)

 

※財団友の会会員は一般 2,700円(当日 3,200円)で販売。

※学生は大学生以下。10人以上で申込の場合は1,000円で販売。

※未就学児の入場はご遠慮ください。

 

主催:(公財)枚方市文化国際財団・(公財)文楽協会

後援:文化庁・枚方市教育委員会

 

 

 

 

10月18日(木)  映画「アーティスト」

 

第84回米アカデミー賞 作品賞、監督賞、主演男優賞等 5部門受賞作品

 

   

© La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – France 3 Cinéma – Jouror Productions – uFilm

 

 

概要〙

第84回米アカデミー賞で作品賞など5部門の受賞を果たしたフランス映画。

1920年第のハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤と愛を描く、随所にフランスらしいエスプリのきいた、ロマンチックなラブストーリー。新しい白黒のサイレントムービーで、アカデミー賞にも輝いた美しい音楽が感動を誘う。

今年最高の、愛と感動の物語。

 

〘物語〙

1927年のハリウッド黄金期。映画界屈指のサイレントスター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、女優の卵のペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)を見染め、彼女を人気女優へと導いていく。強く惹かれあう二人。しかし、折しも映画産業はサイレントからトーキーへの移行期。ジョージは芸術家”アーティスト”であることに誇りを持つがゆえにサイレントこそ真の芸術だと固執し、時代の波に乗れずに凋落してしまう。一方、歌もできるペピーはスターへと駆け上がっていく・・・

 

  映画公式サイト

 

10月18日(木)

 ① 午前10時30分 ②午後2時30分 

 (各回入替制 / 上映時間:1時間40分) 

 枚方市市民会館大ホール【全席自由】

 入場料 一 般 1,000円(当日1,200円)

     割 引  800円(当日900円)

※割引は友の会・学生・60歳以上の方・障害者とその介護者(要証明)

※3回目(夜の部)はありません。ご了承ください。

 

 

© La Petite Reine – Studio 37

La Classe Américaine – JD

ProdFrance 3 Cinéma – Jou

ror Productions – uFilm

  • 11月10日(土)・11日(日)  

 

ハーモニーの祭典! 

 

2012 ひらかた市民合唱祭

 

46グループ、約1400人が2日間にわたって日頃の練習の成果を

披露します。

 

     

 チラシ詳細→こちら(PDF)

 

◆日時 

 

 11月10日(土)・11日(日) いずれも12時30開演(12時開場)

 

 

◆会場

 

 枚方市市民会館大ホール

 

◆入場料

 

 無料。全席自由。当日直接会場へ。

 

 

◆主催・問い合わせ

 

 枚方合唱協会

 

 (公財)枚方市文化国際財団 TEL:072-843-1123 / FAX:072-845-1896

 

 

 

11月18日(日)

地域コンサートシリーズⅢ

ユーカリファミリーコンサート~ヴァイオリンの音色で秋を感じて~

 

クラシックをもっと楽しく、身近に感じられる音楽とお話を交えてのコンサート

 

【出演】

  吉岡克典(ヴァイオリン・大阪交響楽団)

  楊 美希(ピアノ)

 

【プログラム】

  愛のあいさつ/エルガー

  シンコペーション/クライスラー

  わが故郷より/スメタナ

  タイスの瞑想曲/マスネ

  ルーマニア民族舞曲/バルトーク

  TANGO/J.ウィリアムズ

  エストレリータ/ポンセ

  メロディ/チャイコフスキー

  カンタービレ/パガニーニ

  ツィゴイネルワイゼン/サラサーテ

 

【会場】

  枚方市立南部生涯学習市民センター

  イベントホール

 

【料金】

  一般 1,000円(当日1,200円)

  小学生以下 500円(前売・当日共)

 

【主催】

  枚方市

 (公財)枚方市文化国際財団

 

 

 

11月20日 映画「わが母の記」

【物語】

 昭和の文豪・井上靖が45年前に綴った自叙伝的小説『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』を映画化。疎遠だったために息子への愛を必死に確かめようとする母と、母を理解して受け入れようとする息子の葛藤を、普遍的な家族の問題として描く。主演の役所広司を筆頭に、樹木希林、宮崎あおいら豪華キャストで織りなされる親子の絆の物語は感動必至。

 

【解説】

 昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は長男であったが、幼少期に母・八重(樹木希林)に育てられていなかったことから、八重とは距離をとって生活していた。しかし、父が亡くなって状況が変わり、八重の“暮らし”が家族の問題となる。洪作は妻と3人の娘、妹たち“家族”の支えにより、自身の幼い頃の記憶と、八重の想いに向き合っていく…。八重は薄れゆく記憶の中、“息子への愛”を必死に確かめる。また、洪作もそんな母を理解しようとするが―。

 

監督・脚本:原田眞人  原作:井上靖

出演:役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩、キムラ緑子、ミムラ ほか

 

 ⇒映画公式サイト

 

 11月20日(火)

①午前10時30分 ②午後2時30分

 (各回入替制)

 

枚方市市民会館大ホール【全席自由】

入場料 一 般 1,000円(当日1,200円)

    割 引  800円(当日900円)

 ※割引は友の会・学生・60歳以上の方・

  障害者とその介護者(要証明)

 

 

(C)2012「わが母の記」製作委員会

 

12月16日 枚方市民メサイア公演2012 MESSIAH

 

市民180人による、ハレルヤコーラス!

 

枚方市民メサイア公演2012

 

MESSIAH

 

G.F.ヘンデル オラトリオ「メサイア」

 

 

 

年末恒例となった「枚方市民メサイア公演」。

今年も市民公募の合唱団員約180人が、ソリストとともに枚方メサイア管弦楽団の演奏に乗せて、ハレルヤコーラスで有名なヘンデルの大曲「メサイア」を大ホールに響かせます。

迫力ある感動のステージをお楽しみください。

 

 

◆日時

 

 12月16日(日)午後2時開演(午後1時30分開場)

 

◆会場

 

 枚方市市民会館大ホール

 

 

◆出演

 

 指  揮:谷村 浩

 

 ソプラノ:鈴木 芳  アルト:郷家暁子 

 テノール:松原 友 バ ス:片岡伸介

 

 合  唱:枚方市民メサイア合唱団

 管 弦 楽:枚方メサイア管弦楽団

 

 

◆入場料(全席自由)

 

 一般    1,000円(当日 1,200円)

 中学生以下   500円(前売・当日共)

 

 ※3歳未満無料(席が必要な場合は有料)。

 ※友の会会員割引はありません。

 

 

◆主催・問い合わせ

 

 「枚方市民メサイア公演2012」運営委員会 TEL 080-2442-0098(御影)

 

   (公財)枚方市文化国際財団 TEL 072-843-1123 / FAX 072-845-1896

 

◆協力

 

 枚方市

 

 


 

 

12月21日 枚方市こども夢基金活用事業 劇団四季ファミリーミュージカル「王様の耳はロバの耳」

 

日本のミュージカルを代表する劇団四季を迎え、子どもから大人までが楽しめる、ファミリーミュージカル「王様の耳はロバの耳」をお届けします。クリスマスに劇団四季が贈る、夢の世界をお楽しみください。

 

 

 

午後6時開演(午後5時30分開場)  

 

枚方市市民会館大ホール【全席指定】

 

入場料(3歳以上)

 一般 4,000円(前売・当日共) 友の会 3,600円(前売・当日共)

 

※3歳未満のお子さまの入場はご遠慮ください。

 

 

12月23日(日) 現代版組踊り 火怨の蝦夷 阿弖流為

 

  • 平成24年1223日(日)  【昼の部】13:30開演   【夜の部】18:30開演

     

    枚方市市民会館大ホール

     

    入場料 (全席指定) : 大人 2500円   高校生以下 1500円  (当日500円増)

     

    主催・問い合わせ

     ひらかた肝高倶楽部 TEL・FAX 072-857-6000

     (公財)枚方市文化国際財団 TEL 072-843-1123

     


     

     

     

    ⇒ 文化主催イベントのページに戻る。